目をいたわるべき人達

皆様は、普段からどのくらい目を使っているでしょうか?現代では、パソコンやスマートフォン等、電子機器が手放せない時代となっています。その為、どうしても目を酷使する時間や機会が増えてしまい、負担をかけやすいと言えるでしょう。パソコンを常に使用しながら仕事をしている方達は、眼精疲労や、目疲れから生じる肩凝りは、ほぼ職業病といっても過言ではないでしょう。

職業がSEやIT関係、またはOLの方や作家、編集者の方等は特に、仕事で必ずパソコンが必要になってきますし、長時間利用となってきます。こういった方達は、スポーツ選手や接客業や調理関係に携わっている方より、はるかに目に負担がかかるリスクが高いと言えるでしょう。

また、このような職業でなくとも、日頃からネットサーフィンやパソコンいじりがご趣味の方、スマートフォンを好んで使う方、読書好きな方、緑黄色野菜をあまり食べない方等は、眼部に疲労を溜めやすいと言えるでしょう。緑黄色野菜にも、目の健康維持には欠かせないビタミンAが豊富です。これら緑黄色野菜が欠如してしまうと、ビタミンA不足で目が健康的に機能しなくなってしまいます。こういった食生活の偏りを避け、日頃からビタミンAの豊富なブルーベリーや野菜を取り入れると良いでしょう。

皆様はブルーライトという言葉を聞いた事ありますか?スマートフォンやテレビ、パソコンの画面から発される、人体には有害な光線なのです。勿論、この光は目にも有害で、視力低下等の原因となってきます。最近では、このブルーライトを少しでもカットできるよう、ブルーライト用の眼鏡が大変人気となっております。しかしこの眼鏡は40%くらいしかカットされないので、完全遮断はできません。網膜保護の為にも、食品からブルーベリーを取り入れる等、食生活で適切な対応や処置に努めましょう。

いずれにせよ、携帯やパソコンの使い過ぎ、テレビを見過ぎる傾向にある方は、眼部に強いストレスをかけやすい生活をしていると言えるので、ブルーベリー摂取は特に必要になってくるでしょう。長時間の使用を控えたり、ブルーベリーを摂取する等して、目をいたわりましょう。