美味しい摂取方法

ブルーベリーを毎日摂り続けたいけれど、美味しく楽しみたい時はどうすればいいのでしょうか?パンにブルーベリージャムをつけて食べるというのが一番お手軽で、いっぱい摂取できる方法ですが、毎日それでは飽きてしまいますよね。因みにジャムを購入する際は、砂糖よりも果実量が多いものを選ぶと良いでしょう。 安いジャムも多く出回っていますが、そのような商品は砂糖の含有量の方が多い事があるので、気をつけましょう。

実は冷凍食品のものでも十分美味しいです。冷凍のもので手作りジャムを作ったりお菓子に使用しても良いですが、そのまま食べても問題ありません。凍っているものでも解けかけたものでも問題なく食べられるでしょう。パイやスコーン、マフィン、タルトやケーキ等作ったら美味しそうですが、毎日時間や手間もかかってしまいますよね。ここでは、簡単にブルーベリーを取り入れられるレパートリー二種類をご紹介致します。

まず、ヨーグルトを活用したレシピです。ヨーグルトとブルーベリーは大変相性の良い組み合わせです。材料は、ブルーベリー50グラムと、無糖ヨーグルト400グラムだけです。あとは味付けとして、蜂蜜大匙3杯やレモン汁大匙1があれば十分です。これで4人分をあっという間に用意する事ができます。ヨーグルトに蜂蜜とレモン汁を混ぜ、上にブルーベリーを盛り付けるだけで完成です。目の健康に役立つブルーベリーと、腸の健康に良いヨーグルトが取り入れられ、一石二鳥です。

次はアイスに挑戦してみませんか?材料はブルーベリー60gと、生クリーム大匙1と、砂糖小匙2、ミントの葉(お好み)さえあれば、いつでも気が向いた時におやつやデザートとして食べられます。まず、実を冷凍庫で凍らせます。よく冷えた生クリームと砂糖を混ぜ合わせます。そこに凍ったブルーベリーを追加して混ぜ、果実の周りに生クリームが固まってきたら出来上がりです。通常のアイスのようにペースト状ではなく、丸っこい実の形がかわいらしく残りますが、サクサクとした食感が楽しめ、美味しく召し上がれるはずです。早速美味しい一品を作ってみませんか?お腹と目にも、是非栄養補給をしてあげましょう。