効果が望める摂取量

ブルーベリーは一体どのくらい摂れば、目に良いのでしょうか?実際、ブルーベリージャムを一日スプーン1杯や、実を2、3粒というのでは、あまりにも摂取量が少なく効果は期待できません。ブルーベリーで目の状態を改善させたいのであれば、それなりの量を摂取しなければなりません。目安としては、生のものでしたら、1日あたり40グラム以上(20~30粒)、乾燥したもの場合は、一日10グラム以上(約30粒)、エキスの場合には、120~250ミリグラムが好ましいでしょう。

ブルーベリーはジャムとして食べるのが、一番広く親しまれている食べ方ではないでしょうか。ジャムに加工しても、栄養は生のものと変わらないのが嬉しい点です。パンにジャムを塗って食べるのが一番簡単で、たくさんブルーベリーを補える方法と言えるでしょう。ブルーベリーをその形のまま粒で摂取する場合、30粒を毎日食べ続けるというのは、現実的に少々難しいと思うので、やはり加工した形の方が毎日食べやすく、お勧めです。出来るだけ美味しく、手軽に楽しんで摂取できる方がいいですよね。摂取後、大体2時間~4時間後に効果が出てきますが、24時間でその効能も消滅してしまいますので、コマメに継続的に取り入れるようにしましょう。

ブルーベリーに関して、過剰摂取での副作用も報告されていませんので、安心して食べられる食物だと言えるでしょう。現代ではサプリメントで補うという選択肢もあるので、インターネットで購入されてみるのもお勧めです。食事から摂取するよりも、お手軽に、かつ十分な量のブルーベリー成分を体内に補充する事ができます。副作用も今のところ報告されておらず、安心して利用できるサプリメントと言えるでしょう。イタリアやフランス、ニュージランド、韓国等では医薬品として認められております。サプリメントに抵抗のある方でも、医薬品として認可されており、副作用もないのであれば、安心して使用できるのではないでしょうか。