アントシアニンの効能

ブルーベリーといえば、アントシアニンという言葉が連想されます。それではこのアントシアニンは、どういった仕組みで目に作用しているのでしょうか?そもそも、ものが見える過程は、眼の網膜が光を感じ、光に反応する事から始まります。光を察知した網膜がそれを脳に伝え、ものが見えるようになるのです。光を受容する色素タンパクであるロドプシンの働きが鈍いと、ものが見えにくくなったり、チカチカしたり疲れやすくなりがちです。そしてこのロドプシンの再合成を促してくれる役割を担っているのが、アントシアニンなのです。アントシアニンには、体内の血行を良くする働きがあります。その為、十分な栄養素を体全体に送り届けてくれ、目にも栄養素が行き渡るのです。

ロドプシンの衰退が進行してしまうと、近視や遠視の他、白内障や緑内障も招きかねません。なぜ目疲れが発生するかというと、このロドプシンの活性が弱まり、ロドプシンの合成が追いつかない為に、見えづらさや疲れが生じてしまうのです。症状によっては痛みや視力低下も見られます。目を使う度にロドプシンは分解され、すぐにまた再合成されるものですが、あまりに酷使が続くと、その合成も間に合わなくなってしまうのです。酷使を要する職業の方は、適度に目に休憩を与えたり、ブルーベリーのアントシアニンを体に取り入れる等して、ロドプシンの合成を助けてあげましょう。

アントシアニンは他にも、毛細血管を強くし、心臓病や冷え性防止に役立つ効果も発揮してくれます。アントシアニンに含まれる抗酸化作用も特徴で、肌の老化を防いでくれ、美肌を保ってくれます。老化防止に役立つ若返りの成分とも言えるでしょう。また、子供によくある症状の尿路感染も防いでくれる等、アントシアニンはいい事だらけなのです。その中でも、特に目の健康維持には大活躍です。

アントシアニンは、目の網膜の感度を上げてくれたり、目を疲れにくくしてくれる等、目にとって嬉しい作用ばかりです。ブルーベリーサプリメントを購入される際には、そのサプリメントに含まれるアントシアニン含有量の高さも、参考にして選んでみるのも良いでしょう。