目にいいブルーベリーの基礎知識

ブルーベリーとは、北アメリカ原産のツツジ科スノキ属の食用果実です。主に三種類あり、ローブッシュ、ハイブッシュ、ラビットアイブルーベリーに種別されます。日本のブルーベリーのうち、約70%がハイブッシュです。ブルーベリーは元々、渡米してきたヨーロッパ人が食料不足で困っていた時、アメリカ先住民から分け与えてもらった事から食用として広まりました。今ではジャムとして楽しむのが一般的ですが、当時はスープやシチューにして食べていたそうです。

ブルーベリーと聞くと、「目にいい」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?そしてそれはその通りなのです。ブルーベリーは確かに私達の目を健康に保ってくれる、お助けフルーツなのです。それでは、一体何が私達の目にとって、効果的なのでしょうか?成分の中には、どんなものが含まれているのでしょうか?

ブルーベリーに豊富に含まれている成分には、主にポリフェノールとアントシアニンが挙げられます。ポリフェノールとは青紫色の色素です。ポリフェノールは、ブルーベリー以外にカシス等にも多く含まれています。もう一つの成分アントシアニンについてですが、これはポリフェノールの一種で、網膜にあるロドプシンの働きを活性化させる作用があります。ロドプシンとは、視紅(しこう)とも呼ばれるもので、光受容器細胞に存在する色素の事で、光を察知する分子の事です。物が見えたと感じるのは、このロドプシンあっての事なのです。このロドプシンの働きが活発になると、眼精疲労が回復したり、視力向上や、夜に視界が悪くなる現象を和らげてくれる効果等、眼のコンディションが丈夫に保たれます。アントシアニンは、間接的に眼の健康保持に役立ってくれているのですね。しかしこのアントシアニン、いっぱい摂ればいいというものではなく、過剰摂取したものは外に出されてしまうので、適度に摂るのが一番良いでしょう。

ブルーベリーは無農薬を一切使用せずに栽培できる果物です。これはなぜかというと、野生種を改良して作られている為、害虫がつかないからです。その為、ブルーベリーを食用として食べる際、皮ごと食べる事ができます。皮に付いた栄養素も丸ごと食べられる栄養素なのです。

お店の味は一味違う

今も昔も甘い物が好きな女の子は多いです。家でお手軽に作れるパンケーキは、子供のころから大好物という人もめずらあしくはありません。ですが、フワフワで厚みのあるパンケーキは家で作るにはやはり難しいでしょう。焼いている時に膨らんでいても、お皿に移すとしぼんでしまう、そんな経験はありませんか?カフェで食べるあの厚みはどうやって出しているのでしょうか。

その秘密は残念ながらだいたいのところが企業秘密です。仮にそのやり方が分かったとしても、家庭の調理器具やフライパンでは限界があります。だからこそ、お店に行って美味しく食べたいという想いもあるのです。

お洒落なお店が立ち並ぶ、表参道の大通りから少し中に入ったところにある幸せのパンケーキというお店は、名前のとおり一口食べるだけで幸せになれるほどフワフワの生地です。シンプルな味なのにその一口でたくさんの幸せを味わえる文字通りの味をしています。オープン当初から行列が絶えない人気店ですが、平日はねらい目かもしれません。予定が合う人は是非一度言ってみてはいかがでしょうか。